積立しないとどうなる?WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績

WealthNaviアイキャッチ画像 WealthNavi

こんにちは!平凡サラリーマンのにじマンです。

みなさんはWealthNavi(ウェルスナビ)って知っていますか?

ウェルスナビとは、ロボアドバイザーが自動で資産運用してくれるサービスです。

にじマン
にじマン

ぼくも2018年2月から運用しています

ウェルスナビでは「長期・積立・分散」を勧めています。

しかし素人だったぼくは積立という考えがなく、30万円を一括で入金してから積立は一切していません。

その後、運用結果はどうなったのか?なぜ積立が大事なのか?まとめていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

運用結果

ウェルスナビの運用結果

現在の評価額は297,950円です。-2,050円です。(2019年4月17日)

にじマン
にじマン

マイナスです

なぜならぼくが始めた2018年2月は、なんと日経平均が約24,000円という時期でした。


画像:Yahoo!ファイナンス

現在は約22,000円です。(2019年4月)

ウェルスナビでは日本株だけでなく外国株など世界に分散していますが、当時は全体的に株価が高いときでした。

にじマン
にじマン

高値掴みしてしまった

ちなみに現在のポートフォリオです。

ウェルスナビのポートフォリオ

米国株はプラスですが、日欧株、新興国株はマイナスです。

ぼくはリスク許容度を5/5に設定しています。

リスク許容度」とは、資産運用の際にどの程度のリスクを受け入れるかを示したものです。
一般的に、大きなリターンを得られる資産構成ではリスクも大きくなり、リスクの小さな資産構成ではリターンも小さくなる傾向があります。
引用:ウェルスナビ

リスク許容度を高めにすると株の比率が上がります。

無料診断で6つの質問に答えると個人にあったリスク許容度を判定してくれます。

なぜ積立が大事なのか

積立をすることによって時期のリスク分散ができます。

「ドルコスト平均法」と呼ばれています。

ドルコスト平均法とは、株などを買うときに、定期的に一定金額分を買っていく方法です。毎回、一定金額分を買うことにより、おのずと、高値のときは少ししか買わず、安値のときに多く買うことができます。
引用:やさしい株のはじめ方

長期的な運用では積立という考え方は大事です。

ウェルスナビのこれまでの運用実績が公開されていますので参考にご覧ください。

ウェルスナビの運用実績はこちら

まとめ

いかがでしょうか?

ぼくは30万円でスタート・積立なしにしましたが、今では10万円からスタートして毎月1万円の積立にすればよかったと後悔しています。

にじマン
にじマン

もう遅いです

はじめたタイミングが底値ならいいですが、もしかしたら高値かもしれません。

特に投資初心者のかたは、なかなか判断ができないと思うので、積立することでリスクを減らしたほうがいいです。

これから始めるかたの参考になれば幸いです。

公式サイト:ウェルスナビ

タイトルとURLをコピーしました