食パンがサクふわっに変身する「トーストスチーマー K712」!料理ができない男性でも大丈夫

トーストスチーマー 家事・育児

こんにちは!にじマンです。

みなさんはマーナの「トーストスチーマー K712」を知っていますか?

ぼくは全然知りませんでした。

奥さん
奥さん

今日の食パン美味しくない?

にじマン
にじマン

えっ・・・(なにが違うんだ)

奥さん
奥さん

わからないの

普段の生活でたまに出てくる奥さんからの問題。

うまく答えられないと機嫌を損ねてしまいますよね。

食パンを美味しくするために頑張ってくれていることに気づくためにも「トーストスチーマー K712」とは何か、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トーストスチーマーとは

トーストスチーマーとは、水に浸してから一緒に焼くだけでパンが外はサクッ、中はふわっと美味しく焼き上げることができる道具です。

形も食パンの形でかわいいですよね。

陶磁器でできているため、水に浸して一緒に焼くことで蒸気が出てパン内部の水分を保つことができます。

  • 材質:陶磁器
  • サイズ:約36×46×97mm
  • 生産国:日本

トーストスチーマーの使い方

①水に20秒ほど浸す。

②パンと一緒に焼く。

③出来上がり。

焼き上がり後は、大変熱くなっているのですぐに触らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

正直、トーストスチーマー入りの食パンだけを食べたときは違いがよくわかりませんでしたが、食べ比べてみると違いがよくわかりました。

使い方もとっても簡単です。

水に浸すだけなので、これなら料理ができない男性でも大丈夫ですね。

ちょっとしたひと手間でおいしい食パンを作ってみてください。

にじマン
にじマン

これで子供にもおいしいパンをつくってやるぜ

あわせて読みたい 【お菓子パレット】必要な道具とおすすめのお菓子を紹介!簡単に作れて子供も大喜び

タイトルとURLをコピーしました