外壁塗装するならシーリング(コーキング)補修をしよう!劣化症状・補修方法を解説

シーリングの劣化症状 住宅

こんにちは!にじマンです。

マイホームを購入した後はメンテナンスが大変ですよね。

特に雨風から守ってくれる屋根や外壁の塗装は、お家を維持していく為に欠かせません。

劣化の状況にもよりますが約10年前後で塗り替えが必要となります。

外壁塗装する時には、あわせてシーリング(コーキング)の補修が重要になってきます。

この記事ではシーリングの劣化症状、補修方法などについてまとめていますので、塗装工事を検討中のかたは参考にしてみてください。

関連 外壁塗装するなら複数業者から見積もりを取ろう!相見積もりのメリット・デメリット

スポンサーリンク

シーリング(コーキング)とは

シーリング通常

シーリング(コーキング)とは、サイディングなどの外壁材の目地部分やサッシ廻りの隙間を埋める樹脂のシール材の事です。

雨水の侵入を防いだり、外壁材の伸縮や動きのクッション材の役目があります。

にじマン
にじマン

重要な役目ですね

最近ではニチハの「フュージェ」という継ぎ目にシーリングが入らない外壁材もありますが、多くのサイディングでシーリングが使われています。

シーリング(コーキング)の劣化症状

シーリングは樹脂でできているため、紫外線が当たると弾力性が無くなり固く収縮してしまいます。

輪ゴムをずっと放置していると弾力性が無くなり、すぐにちぎれてしまうのと似ていますね。

環境にもよりますが、耐久年数は約10年前後です。

シーリングの劣化症状

  • クラック(ひび割れ)
  • 破断
  • 剥離

シーリングのクラック

年数が経ち、シーリングが劣化して固く収縮するとクラック(ひび割れ)が発生します。

最初はよく見ないとわからない微細なクラックですが、放置するとだんだんと大きくなってきます。

にじマン
にじマン

自分でも確認できますよ

シーリングが完全に切れてしまう(破断)とサイディングの裏側へ雨水が侵入してしまい危険です。

建物には透湿防水シートが張られている場合が多いので、裏側へ雨水が侵入してもすぐに雨漏れとなって室内に被害が出ることは少ないです。

ただし、透湿防水シートもサイディングを固定するための釘が貫通している箇所があるので、場所が悪ければ雨漏りする可能性はあります。

にじマン
にじマン

雨漏りすると大変

また、シーリング材が外壁と剥がれて隙間ができている状態を剥離といいます。

シーリング剥離

【剥離が起きる原因】
  • シーリング材の劣化
  • プライマーの施工不良
  • 建物の動き(地震、台風、振動など)

原因はさまざまですが、剥離が起きると隙間ができるので雨水がサイディングの裏側へ侵入してしまいます。

シーリング(コーキング)の補修方法

シーリングが劣化すると雨漏りの原因になってしまうこともあるので、きちんとメンテナンスを行いましょう。

  • 打ち替え
  • 増し打ち

シーリングの補修方法は「打ち替え」と「増し打ち」があります。

打ち替えとは、既存のシーリングを剥ぎ取った後に新しくシーリングを打つ方法です。

シーリングが新築当時と同じく新しくなります。

手順としては、①まず既存のシーリングを撤去します。

シーリング撤去

②外壁部分にプライマーやシーリング材が付かないように養生テープを貼ります。

シーリング養生

③接着をよくするプライマーを塗ります。

シーリングプライマー

④シーリングを打ちます。

シーリング打設

⑤ヘラで押さえ、養生テープを剥がして完了です。

シーリング施工後

打ち替えた後に塗装をすることで、塗膜が紫外線による影響を軽減してくれてシーリングが長持ちします。

「打ち替え」の他に「増し打ち」という補修方法があります。

こちらは既存のシーリングを撤去せずに、既存の上からシーリングを打ち足しする方法です。

サッシ廻りなど既存のシーリングを撤去すると、サッシを傷つけてしまう恐れがある箇所や、既存のシーリングが撤去できない場合などの補修方法となります。

また、シーリングの劣化状態があまり悪くない場合などは、通常の目地部分でも増し打ちでされる業者もいますので事前に確認をしましょう。

外壁塗装の時にシーリング補修する理由

外壁塗装の時にシーリング補修する理由

  • シーリングと塗膜の耐久年数が約10年前後と同じ
  • 作業の時に足場が必要
  • シーリング補修後に塗装をすることで耐久性があがる

外壁塗装の時期とシーリング補修の時期は約10年前後と同じです。

また、どちらも高所での作業を伴うので足場が必要になってきます。

なので足場を組む時に一緒に外壁塗装とシーリング補修をするのが通常です。

部分的であれば梯子での作業も考えられますが、全体的に工事を行うなら足場がないと危険です。

また、シーリング補修後に塗装をすることで、塗膜が紫外線による影響を軽減してくれてシーリングが長持ちします。

まとめ

住宅のメンテナンスにシーリングの補修は、とても重要です。

ほったらかしにすると雨漏りの原因になるのできちんとメンテナンスを行いましょう。

塗膜とシーリングの耐久年数が約10年前後と同じくらいで劣化しますので一緒にメンテナンスを行うといいですね。

外壁塗装の時に一緒にシーリング補修することでシーリングの耐久性もアップします。

にじマン
にじマン

塗装の時はシーリング補修が大事ですね

塗装工事を検討中で業者探しに困ったときはネットの一括見積もりサイトがおすすめです。

違う記事でまとめていますので、是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい 【外壁塗装】業者探しにも便利!無料で一括見積もりができるおすすめサイト

外壁・屋根のリフォーム

タイトルとURLをコピーしました