【楽天ポイント運用】アクティブコースとバランスコースどちらが儲かる?実績公開6ヶ月目

楽天ポイント運用6ヶ月 楽天ポイント運用

こんにちは!にじマンです。

みなさんは楽天ポイント運用していますか?

楽天ポイント運用とは、楽天ポイントで投資の疑似体験ができるサービスです。

疑似体験といっても実際に楽天ポイントが増えたり減ったりしますので儲かるかもしれないし、損をするかもしれません。

にじマン
にじマン

ぼくは2019年5月から始めました

楽天ポイント運用の特徴

  • 100ポイント単位で運用できる
  • 引き出しは1ポイントから可能
  • 増加分は通常ポイントとして使用可能
  • 減少分の補填はなし
  • 投資信託に連動してポイントが増減する
  • 「アクティブコース」と「バランスコース」の2つのコースが選択できる
  • 証券口座の開設は不要

楽天ポイント運用では、「アクティブコース」と「バランスコース」の2つのコースから選択することができます。

コースによって運用成績が変わるのでコース選びは重要ですね。

ぼくは、それぞれのコースに1000ポイントずつ合計2000ポイントで始めました。

6ヶ月目の運用成績を公開しますのでどちらのコースを選択するか悩んでいるかたは参考にしてみてください。

関連 【楽天ポイント運用】アクティブコースとバランスコースどちらが儲かる?実績公開5ヶ月目

関連 投資が恐い?そんな時は楽天ポイント運用から始めてみよう

スポンサーリンク

アクティブコースの収益

アクティブコース6ヶ月

アクティブコースの収益は

1,062P(+6.2%)でした。

前月は1,032Pだったので前月比+30Pです。

にじマン
にじマン

今月は絶好調でした

アクティブコースは、「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」の基準価額の値動きが反映されてポイント数が増減します。

株式の比率が高くなっているのでバランスコースと比べて値動きが大きくなり、株価が上がれば運用ポイントも大きく上昇します。

バランスコースの収益

バランスコース6ヶ月

バランスコースの収益は

1,044P(+4.4%)でした。

前月は1,034Pだったので前月比+10Pです。

にじマン
にじマン

こちらもアップしました

バランスコースは、「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」の基準価額の値動きが反映されてポイント数が増減します。

債券の比率が高くなっているのでアクティブコースと比べると株価が上昇した時の値動きは小さくなります。

楽天ポイント数合計6ヶ月

全体の収益は2,106P(+5.3%)でした。

前月比+40Pです。

これまでのまとめ

 アクティブ バランス 合計
2019年5月15日 1,000 1,000 2,000
6月15日 1,009 1,012 2,021
7月15日 1,033 1,025 2,058
8月15日 981 1,016 1,997
9月15日 1,038 1,037 2,075
10月15日 1,032 1,034 2,066
11月15日 1,062 1,044 2,106

6ヶ月目の成績はアクティブコースの勝利でした。

これまでの成績はバランスとアクティブと交互によくなっています。

にじマン
にじマン

どちらがいいんだろう・・・

今月は株価が堅調でしたので両コースとも先月よりアップしてくれました。

楽天ポイントで投資の感じが味わえるのはいいサービスですね。

実際に投資をするには、証券口座の開設が必要になります。

「楽天証券」では楽天ポイントで投資信託や株式の購入ができて、楽天ユーザーにはおすすめですので興味のある方はチェックしてみてください。

\楽天ポイント投資も可能/
楽天証券の詳細はこちら

 

関連 【楽天ポイント運用】アクティブコースとバランスコースどちらが儲かる?実績公開7ヶ月目

タイトルとURLをコピーしました