30代から老後までに2000万円を貯めるには毎月いくら必要?

積立と頑張る女性 マネー

こんにちは!にじマンです。

みなさん、老後のお金って心配ではないですか?

老後資金が年金だけでは1300~2000万円不足すると金融庁が試算しました。

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20~30 年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる。
引用:「高齢社会における資産形成・管理」

にじマン
にじマン

なんだって!

2000万円ってすごい金額ですよね。

もちろん何歳まで生きるのか、毎月の生活費にいくらかかるのかなど、状況によって不足金額は変わってきます。

ただし、老後に余裕のある暮らしをしようと思うと蓄えておく必要がありそうですね。

この記事では30代(35歳)から老後(65歳)までの30年間で2000万円貯めるには毎月いくら必要かシミュレーションしてみました。

スポンサーリンク

毎月預貯金のみの場合

毎月の預貯金のみで2000万円貯めようとした場合のシミュレーションです。金利を0.01%で計算しました。

楽天証券の「積立かんたんシミュレーション」を利用しています。

2000万円の積立0.01%

なんと、毎月55,472円の積立が必要です。

にじマン
にじマン

毎月の生活だけでも大変なのに5万5千円も貯金にまわすなんて無理です

金融庁は現役期では「長期・積立・分散」の資産運用を勧めています。

預貯金ではなく投資によるリターンを考慮して蓄えようということですね。

年利3%で資産運用した場合

2000万円の積立3%

年利3%の運用では、毎月34,321円の積立が必要となります。

預貯金のみに比べると約2万円も下がりました。

にじマン
にじマン

複利効果はすごいですね

複利効果…利益分も再び投資に回すと運用できる総額が増え、さらに利益を生んでいく、という効果。
引用:楽天証券

年利5%で資産運用した場合

2000万円の積立5%

年利5%の運用では、毎月24,031円の積立が必要となります。

年利8%で資産運用した場合

2000万円の積立8%

年利8%の運用では、毎月13,420円の積立が必要となります。

少しずつ現実味が出てきました。

にじマン
にじマン

毎月13,420円ならなんとかなるかも

しかし、年利8%というのが難しいですね。

投資経験者ならわかると思いますが、年利8%を30年維持するのは難易度が高いです。

年利10%で資産運用した場合

2000万円の積立10%

年利10%の運用では、毎月8,848円の積立が必要となります。

にじマン
にじマン

なんと1万円切りました!

ただし、年利10%…

投資の才能があれば不可能ではないですが、素人には難しいですね。

まとめ

年利 毎月の積立金額
0.01% 55,472円
3% 34,321円
5% 24,031円
8% 13,420円
10% 8,848円

リスクなく預貯金だけで2000万円貯めるには毎月55,472円が必要です。

それが無理なら30代から資産運用をする必要がありますね。

投資には元本割れするリスクがあります。

まずは少額から慣れることをオススメします。

少額から始められる投資について別の記事でまとめていますので参考にご覧ください。

にじマン
にじマン

老後までに2000万円貯めよう

タイトルとURLをコピーしました